Tumblrrrrrr! News and Views

うん、ママが好きなことしてる間に、ぼくはニュース関連postsをあつめるよ!

April 16, 2014 4:16 pm 4:11 pm
"

ノウハウに当たる部分を隠して特許出願するのは(本来的には好ましくないですが)よく行なわれています。ただ、今回の話は効率が良いとか悪いとかの話ではなく、できるかできないかの話なので、ちゃんと実施できる方法を開示していないということは、論文としても特許出願としても問題です。なお、特許出願書類にもNature論文と同様の不適切な画像流用がされていることが指摘されています(参照記事)。

以下の2段落は一般論になります。

コツに相当する部分が特許の対象になるのであれば、発明者自身の公開によっても新規性が否定されますので、出願前には公表しないことが通常です。発明者(正確には特許を受ける権利を持つ人)自身が公開した場合、公開の時から半年以内に出願すれば、その公開を理由に特許性が否定されることはないという救済規定があります(米国では1年以内に出願すれば大丈夫です)が、欧州や中国ではこのようなルールは原則的にありませんので、発表の前に出願することが重要であることは確かです。

このような場合に有効に使える制度に米国の仮出願制度があります。仮出願は1年以内に通常の出願を行なうことを前提として出願であり、通常の特許出願と比較して書式上の要件が簡略化されています。学術論文をそのまま出願することも可能ですし、日本語で出願することも可能です。先に仮出願して出願日を確保しておけば後は自分で公表しようが、独立して発明した第三者が公表しようが、出願しようが、先に出願した方が優先します。学術機関ではよく使われていると聞いています。

"

特許の問題でSTAP細胞作成のコツを公表できないということがあり得るのか | 栗原潔のIT弁理士日記

仮出願で学術論文をそのまま出すやり方だと、後々どうしても実施可能要件とサポート要件が問題になるから、あんまりメリットないんですよね。学術論文としてマトモであればあるほど、それを元にして特許を取れる権利範囲は狭くなってしまう。

だから「もう来週には論文出ちゃう!」とかいう場合の新喪例的な措置以外ではまったくお勧めできないし、お勧めしない。

3:43 pm
"男性教諭のIDとパスワードを不正利用し、全校生徒と卒業生計約千人の定期試験や入学試験の成績などの情報を入手、新学期のクラス編成一覧を無料通信アプリ「LINE」(ライン)を通じ在校生345人に流したと発表した。"
3:37 pm
"私、カッパを見たことがあるの。
これまで200回以上見たわ。
写真もあるのよ。
この写真が証拠なの。
雑誌にも載ったの。
でも、実はこの写真、私がカワウソの写真を加工して、カッパだって言って
雑誌に売り込んで載せてもらったニセモノなんだけどね。
悪気はなかったのよ。
本物を撮った写真だってあるの。
家に1000枚ぐらい。
今日は見せられないけど・・・・
カッパの事を書いた日記だってあるの。
自己流で書いた日記だから、日付が無かったり、内容も断片的なんだけどね。
その日記には秘密のことも書いてあるから見せられないの・・・
でも、友達だってカッパを見たことがあるのよ。 
誰なのか名前は言えないけど・・・・
カッパを見るコツだってあるの。
教えられないけど・・・・

カッパは本当にいるの! 私の事を信じて!"
3:32 pm
"小保方さんは早大時代学振をもらっていた。コピペ論文で学位取ってその後理研で捏造論文。つまり学生の頃から多額の国の税金を使っておいて、今まで不正しかしていない。そんな人間の涙を見て「かわいそう」などと言う人は、優しいのではなくお人好しのバカって言うんだよ。"
10:39 am
"

ウクライナのトゥルチノフ大統領代行は15日夜、ウクライナ東部で親ロシア派の武装集団に占拠されていた空港をウクライナ軍が制圧したと発表しました。

ウクライナ軍が制圧したのはドネツク州北部のクラマトルスク郊外の軍用空港で、ロシアのリアノーボスチ通信は、ウクライナ軍との戦闘で親ロシア派の武装集団のメンバー4人が死亡し、2人がけがをしたと伝えています。
これに先立ち、トゥルチノフ大統領代行は15日、議会で演説し、ドネツク州北部で警察署などを占拠した親ロシア派の武装集団を強制的に排除する作戦を開始したと発表していました。
一部の地元メディアは、今回の空港の制圧が強制排除に向けた準備段階との見方を伝えています。
ウクライナ東部では、親ロシア派の住民が自治権の拡大を求めて州政府の庁舎などを占拠したのに続いて、武装集団もスラビャンスクなど複数の都市で治安機関の建物を占拠し、暫定政権が設けた期限を丸1日過ぎても投降する気配を見せていません。
このうちドネツクでは、親ロシア派の住民らが州政府庁舎の占拠を続けていて、建物の中やその周辺では15日、親ロシア派の活動家に加えて住民や炭鉱労働者など1000人近くが集まり、徹底抗戦の構えを見せています。
一方、AP通信などによりますと、ドネツク州の北のハリコフ州イジューム郊外では、15日、ウクライナの国旗を掲げた軍のヘリコプターや10台以上の装甲車などが待機しているということです。
近くの幹線道路では、自動小銃などを持ったウクライナ軍の兵士たちが車の検問を行ったり、周辺に不審な動きがないか警戒に当たったりしているということです。

"
April 15, 2014 11:57 pm 10:34 pm
"

「2週間後、疫病発生が見込まれます。すみやかに疫病の予防作業に着手してください」。2013年6月、カルビーポテトは、約1100の契約農家の携帯電話やスマートフォン(スマホ)に、このような内容のメッセージを一斉配信した。

 疫病予測の元ネタは、道内の契約農家の畑に設置した「気象センサー」からのデータだ。太陽光パネルや降水量を測る筒状の容器からなる装置で、気温、湿度、降水量、日射量といったデータを10分おきに自動的に収集する。道内のじゃがいも生産地区3カ所に5台設置し、毎日720件のデータを吸い上げ、クラウド上で蓄積している。このデータを基に、専門機関「北海道病害虫防除所」が考案した疫病発生日を算出する数式モデルを使って、独自に予測する。

 この疫病予測情報は、じゃがいもを“我が子”のように手塩にかけて育てている契約農家からも、「よく当たる」と好評だ。

"
9:03 pm 3:15 pm
"

「実際には成立しない実験だったのに、チームの誰一人として再現実験で確認しなかったこと」

 通常、論文を提出するならば、再現実験をするのが常識だ。チームの誰かが成功したとしても、それと同じことをチーム内の別人がやって再現することが必要だ。  ところが、今回は、それをやらなかった。特に若山さんは、小保方さんの手順を真似ようとして、何十回もやって、再現に失敗したという。ここでは明確に「再現の失敗」があった。それにもかかわらず、論文を提出した。  これはもう、言語道断である。理研がここまでひどいとは思わなかった。世間では小保方さんの論文の書き方のデタラメさを非難しているが、根源はそこではない。理研の実験のデタラメさだ。「再現実験に失敗してばかり」という実験を、いったいどうして論文の形で報告する気になったのか?

"